夏の車内の酷暑は予想以上に高リスク。 保管場所に屋根があるだけで効果は存分に!

カーポートで車内の暑さが軽減する

夏の車内の酷暑、あなたはどんな対策を取られていますか?
集中力を奪い、手足の操作性を鈍らせる酷暑に我慢は禁物です。
また、お体の弱い方やペットが熱中症になり命を落とされる悲しい事故のニュースも毎年のように耳にします。
運転前に複数のドアを連続して開閉する…という手法が近年は広まっていますが、やはり「保管場所」という抜本的な完全策を見つめることも選択肢に入れる価値は十分にあります。
カーポート設置によるクールダウン効果にぜひご注目下さい。

日光の影響で夏場の車内は50度を上回ることも。この状況は車に、そして運転者に関わる危険性が…

車内の酷暑の危険性を考察

夏場に屋外に放置した車内の温度には毎年閉口させられます。
不快というレベルのものではなく、事故に繋がる危険性がヒシヒシと感じられます。
エアコンが効くまでの間の運転は注意力は散漫に。
そして、車内で待っていたご家族が熱中症に。そして、自宅での駐車スペースでは稀なケースかもしれませんが、悲しい事故も毎年のように聞かれます。
少しでも事故のリスクを減らすための対策として、カーポート施行という選択肢も計画の中に入れて
いただければ幸いです。

真夏の車内の温度は50度を上回ることも。エアコンで適温まで下げるのはお察しの通り…

想像以上のコストに閉口…。夏の空調代は馬鹿にならない!

夏のドライブにエアコンは必須。
走り出しの際は「最強」に設定される方も多いでしょう。
しかし、お部屋に比べると狭い範囲にもかかわらず、適温となるまではある程度の時間がつきもの。
それもそのはず、車内は50度を上回ることもありますし、ボンネットやダッシュボードの内側であれば温度がさらに高まることもあるからです。
その温度から25度前後に下げるにはかなりのエネルギーが必要。
そう、これがバッテリーの消耗、そしてガソリン代に繋がるわけです。
外出の際は仕方がありませんが、せめて自宅からのご出発の際はエアコンを「弱」クラスに設定し、エコに努めたいものですね。

高温下でピンとくるのが食中毒の影響。夜間がメインのドライバーほどうっかり手を…

車内に置いた飲食物は要警戒!

車内が40~50度と高温になると考えると、食中毒も十分に考慮すべきです。
自然と湿度も高まるため、きわめて腐敗しやすい状況と考えられます。
そんな状況に置いた飲食物は口にするわけない…と思われるかもしれませんが、運転が夜間にシフトされる方は要注意。
日中の酷暑を忘れてしまい、車の中に置いた食べもの自然と食べられることは珍しいことではありません。
このようなケースから食あたりに至った事故?は私の身近でも起こっております。
皆さまも十分に警戒して下さい。

マーク表示

  • お見積&ご相談、無料!
  • 100%自社職人施工
  • アフターメンテナンス無料
  • 最長10年のロング保証

香川や高知もご相談下さい。

徳島全域対応。

徳島県内全域対応可能です。また、県外でも淡路島、香川や高知の一部も対応可能です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

徳島市/鳴門市/小松島市/阿南市/吉野川市/阿波市/美馬市/三好市/勝浦郡勝浦町/勝浦郡上勝町/名東郡佐那河内村/名西郡石井町/名西郡神山町/那賀郡那賀町/海部郡牟岐町/海部郡美波町/海部郡海陽町/板野郡松茂町/板野郡北島町/板野郡藍住町/板野郡板野町/板野郡上板町/美馬郡つるぎ町/三好郡東みよし町

LIXIL・INAX・サンウェーブ・TOSTEM等、様々な商品を取り扱っております。

取り扱いメーカー

footer_maker

高温対策としてカーポートを選択されるのは大賛成。
事故リスクを軽減できる点は、我々にとっても大きなモチベーションとなっています。
ただ、モデルによっては日除け効果は大きく異なりますので、じっくりと調べて上でご選択下さい。
弊社にご依頼いただけましたら、最適なモデルを一緒になって探索いたします。
理想をとことん追求しましょう!